改めてですが、ピッチャーは女の子座りをした方が良いのかも!?

 

以前に女の子座りをすると野球が上手くなるのかもというテーマでブログの記事を書かせて頂きました。

ちなみに下記のURLが過去に女の子座りについて書いた記事です。

女の子座りで野球が上手くなるかも!?

自分の中では、女の子座りが野球に関係するという事は多分間違っていないと思っていましたが、当時は調べてみてもあまり女の子座りについての情報はあまり無かったんですね。

最近元ヤクルトでメジャーリーグでも活躍された五十嵐亮太さんの記事があって、それを読んだところここでも女の子座りの事が載っていました。

ちなみに下記のURLが五十嵐亮太さんの記事です。

五十嵐亮太氏が分析する佐々木朗希のフォーム 山本由伸、千賀滉大と共通する「L字」

球界を代表するピッチャーがこぞってステップ脚が女の子座りのようになっているんですね。

しかも、豪速球を投げるピッチャーが多いように思います。

特に顕著なのがオリックスバファローズの山岡泰輔投手でしょうか。

 

 

 

山岡泰輔投手に関しては、それほど身長も大きくなく、体重もあるわけではないのですが、150キロ超えるようなボールを投げる事ができますよね。

ステップ脚のL字の部分も、膝よりも足首の方が高く上がるくらい、股関節が内旋しているので、これが多分ボールの強さに繋がっているのかなと思っています。

身長は172センチで体重は68キロだそうなので、決して体格に恵まれているわけではありません。

基本的に身体はめちゃくちゃ柔らかいみたいですし、それにプラスして股関節の内旋も柔らかいという事だと思います。

当然プロ野球選手なので、体重は重いわけではないですが、しっかりしたフィジカルもあるのは間違いないと思います。

自分は身長と体重だけで言えば、185センチ80キロなので、山岡投手よりも確実に恵まれておりますが、150キロのボールを投げる事ができません。

やはり、股関節の柔軟性、特に股関節の内旋の柔軟性というのは、ピッチャーにとっては非常に重要な部分の1つなんですね。

 

 

もっと女の子座りについて調べようと思ったら、元ヤクルトスワローズの古田敦也さんのYouTubeチャンネルで五十嵐亮太さんが女の子座りについて熱弁されていました。

ちなみに下記のURLでYouTubeチャンネルを見れます。

これができれば一流選手になれる!? 最優秀女の子座り賞【フルタの方程式AWARDS】

ステップ脚がL字になる選手を調査すると、小さい頃食事をする時、テーブルはローテーブルだったみたいで、椅子ではなく床に座って食事をしていたそうですね。

その際に女の子座りをしていたから、大人になっても女の子座りができるそうです。

そして、ピッチャーだけではなくバッターにとっても、女の子座りは良いみたいですね。

元読売ジャイアンツでメジャーリーグでも活躍した松井秀喜さんや元読売ジャイアンツの阿部慎之助さんもバッティングの時にステップ脚をL字にしていたそうですね。

ピッチャーにとっても、バッターにとってもステップ脚をL字にする事が大事なんですね。

女の子座りは股関節の内旋をストレッチしてくれると思いますし、それによってステップ脚をL字にする事ができるので、やはり女の子座りと野球のパフォーマンスは関係があるという事ですよね。

 

 

 

ちょっと前になりますが、自分のシャドーピッチングをスマートフォンで撮ってみたのですが、ステップ脚はL字になっていませんでした。

実戦でのピッチングの感覚は悪くないのですが、まだまだ伸びしろがあるという事ですよね。

多分、このL字ができる事で、身体の開きが限りなく無くなって、ボールにも力が伝わるだろうし、肩や肘の負担も減るのかなと思っております。

股関節の内旋は、やはりピッチャーをやる上では避けられない部分だと思いますので、もう1度モチベーションを持ってやっていきたいですね。

ただ、意識してステップ脚をL字にするのであれば、それはあまり意味がないと思います。

ステップ脚をL字にする事が目的ではなく、身体の開きを抑えてボールにしっかり力を伝える事が目的になりますので、その辺は勘違いしてはいけない部分ですよね。

無意識の中でステップ脚がL字になって、身体の開きを抑えてボールに力をしっかり伝える事が出来る事が重要という事ですよね。

 

 

最近女の子座りのストレッチは実は止めていました。

どうしてかと言うと、膝が痛くなるからです。

明らかにやり過ぎると、膝が壊れる感じがしたので、しばらく止めていたんですね。

なので、女の子座りではない股関節の内旋のストレッチは続けていました。

そして、昨日試しに女の子座りをやってみたら、前よりもできるようになっていました。

とりあえずお尻は地面に付くようになりました。

しかも、膝がそれほど痛くなかったんですね。

ただ、骨盤が後傾しないと女の子座りができないので、徐々に骨盤を前傾できるくらいにしたいですね。

まだまだピッチャーのフィジカルとして、やる事が見つかったので、非常に良かったですね。

ストレッチのメニューとして、毎日継続してやっていきたいと思います。

 

 

 

ビヨンドマックスレガシーが気になっている方へ

ビヨンドマックスレガシーを使ってみての感想
実際にビヨンドマックスレガシーを使ってみての感想をブログで書いております。もし、ビヨンドマックスレガシーの購入を検討しているという方は参考にしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。