大谷翔平選手が年間最優秀選手に選出されました!

 

 

今日メジャーリーグで大谷翔平選手が野球専門誌「ベースボール・アメリカ」が選ぶ年間最優秀選手に選出されましたね。

今年は大活躍の年なので、次から次へと受賞していますよね。

他にも「ベースボール・ダイジェスト」の年間最優秀選手、選手間投票で決まる「プレイヤーズ・チョイス・アウォード」の年間最優秀選手でもファイナリストの3名に連ねていたり、ア・リーグMVPの最有力候補にも挙げられていますよね。

とにかくメジャーリーグは色々とデータを駆使して、大谷選手の凄さを発信していますよね。

その中で比較対象になるのが、ベーブルースなのが凄いですよね。

100年ぶりとか史上初の快挙とかが多いですよね。

ベーブルースなんてもう歴史上の人物になりますので、それくらい長い歴史があるメジャーリーグで2021年を代表する選手になった事が日本人として誇りに思いますよね。

 



 

開幕してから前半戦は、本当に毎日のようにホームランを打っていたような感じで、朝のニュースで大谷選手のホームランを聞くのが日課になっていたくらいです。

「今日も大谷がホームラン打ったよ!」と毎日言っていたような気がします。

前半戦だけで松井さんが記録した日本人の最多ホームラン数もあっさりと塗り替えてしまうなど、規格外の活躍をしていました。

日本人がホームラン王争いをしているなんて、本当に夢を見させてもらいました。

もし、ホームラン王を獲っていたら、その凄さを表現する方法が分かりません。

自分が思ったのが、オリンピックの陸上男子100メートル走で金メダルを取るのに匹敵するというのを思い付きましたが、どうでしょうか。

他にもサッカーワールドカップで日本が優勝するのに匹敵するというのも思い付きました。

野球をやっている身としては、メジャーリーグでホームラン王争いをしている選手というのは、化け物中化け物しかいません。

日本人の1人がその肩を並べて争っているという事がそもそも凄すぎです。

このワクワク感を与えるような選手は、本当に久しぶりだったように思います。

 

 

その選手がピッチャーもやっているというのが、もう意味が分かりません。

しかも、チームのエースピッチャーです。

ピッチャーに関しては、メジャーリーグの化け物エースには届きませんが、指名打者として超一流の選手がピッチャーとしても結果を残しているというのが、もうありえません。

それでも中6日くらいで投げていましたし、オールスターくらいから明らかにピッチャーとして覚醒してきた感じもありました。

トミージョン手術をして、肘が徐々に馴染んできたのかもしれませんが、まだリハビリ途中と本人が言っていましたが、投げっぷりはリハビリ途中とは思えませんでしたね。

超一流のピッチャーは中4日で回っているので、大谷選手にはちょっと無理な感じだとは思いますが、中6日で回って、今年くらいホームランを打てるなら、こっちの方が良いかもしれませんね。

 



 

メジャーリーグの現役選手やレジェンド・監督なども大谷選手のア・リーグMVPは間違いないと言っております。

現役の選手やレジェンドは、大谷選手がやっている事がいかに凄い事かというのを分かっていますよね。

一言で言うと、「ありえない」という事だと思います。

ゲレーロジュニア選手やぺレス選手がローテーションピッチャーとして9勝できますか?

チームのエースピッチャーが46本のホームランを打てますか?

という事だと思います。

プラスアルファで盗塁もするし、打点も多いし、奪三振も多いし、防御率も良いし、野手や投手というカテゴリーではなく、いち野球選手として凄いという事なんでしょうね。

シーズン通して、どれくらい疲れるとか、この感じなら怪我してしまうとか色々と経験しているレジェンドにとっては、大谷選手のやっている事は異次元な事なんでしょうね。

 

 

プロ野球である以上、結果を残さなければ、クビになるので、楽しく野球ができないと言われております。

イチローさんでさえ、現役時代にプロになったら野球を楽しめなくなったと言っていました。

大谷選手はとても楽しそうに野球をしていたのが印象的でしたよね。

どちらに専念すれば、もっと記録を残す事ができるという人も結構いますが、大谷選手にとってはどうでも良い事なんでしょうね。

ピッチャーもやって、バッターもやって、そして走って、1人の野球選手として勝利に向かって頑張るというのが、根底にあるんだと思います。

野球の真髄を体現している大谷選手に、多くの人が魅了されているんですね。

改めて、野球の楽しさを教えてくれている大谷選手に対して、感謝したいですよね。

来シーズン以降も、素晴らしいパフォーマンスを見せ続けて欲しいですよね。

来年も大谷選手から目を離せません。

自分も大谷選手を見習って大いに草野球を楽しみたいと思います。

 

 

   

コメントを残す