現在の身体の調子を含めた今後のトレーニングについて

 

 

昨日は久しぶりにストレッチをしました。

ここ数日は全く身体を動かしていなかったので、どれくらい硬くなったか確かめるために軽くやってみました。

やってみたら、意外と硬くなっていませんでした。

開脚については、ちょっと硬さを感じましたが、他の部分についてはほとんど変わらなかったですね。

股関節は課題の箇所なので、やっぱり硬くなっていたかぁという感じですね。

時間をかけてストレッチをして、元の状態に戻したいですね。

 



 

体重もどれくらい落ちたかなと思いましたが、1キロ減くらいだったので、まあほとんど変わらない感じでしたね。

体調不良ではあったのですが、食欲はそれほど落ちなかったので、食べている量もいつもと変わらなかったからかもしれませんね。

最初は新型コロナウイルスに感染したと思っていませんでした。

ただの風邪だと思っていたので、とにかく自力で治そうと思って、食事の量はなるべく減らさずにプロテインも飲むようにしたんですね。

プロテインもいつも通り飲んでいたのも、体重が変わらなかった1つの要因かもしれません。

体調が悪い時にプロテインを飲んでも大丈夫なのかも、一応調べましたが、飲めるなら飲んだ方が良いという事だったので、継続して飲んでいましたね。

 

 

体調不良の時にプロテインを飲むメリットも3つあるみたいなんですね。

1つ目としては、筋肉の減少を防ぐ事です。

体調が悪いと、どうしても食欲も無くなり、食事量が減ってしまいますよね。

そうなると、糖質などのエネルギーが足りなくなってしまうので、筋肉を分解して補充しようとするそうです。

この現象をカタボリックと言うそうです。

なので、体調不良になると、同時に筋肉も減ってしまうそうです。

筋肉は基本的にタンパク質でできておりますので、プロテインを飲む事で筋肉の減少を抑える事ができるそうです。

 

 

2つ目としては、グルタミン入りのプロテインであれば免疫力を高める事ができるんですね。

トレーニングをやっている人は、風邪を引きやすいと言われておりますが、それは身体の中にグルタミンが足りなくなってしまうからだそうです。

ストレスにさらされると、グルタミンが身体の中から消費されてしまうので、必要量を摂取しなければなりません。

トレーニングは筋肉にストレスを与える行為になりますので、どうしてもグルタミンが不足しがちになってしまうんですね。

風邪などの体調不良を避けるためにも、グルタミンが入っているプロテインを摂取すると良いと言われております。

 



 

3つ目としては、カロリーを摂取できる事ですね。

プロテインはタンパク質を摂取を目的としておりますが、当然ながらカロリーも摂取する事ができます。

体調が悪くて、何も食べないでいると、エネルギー不足になってしまい、筋肉がどんどん分解されてしまうそうです。

プロテインを飲めば、カロリーも摂取できますし、体調が悪いと固形物を食べるのが難しいという人も多いと思いますので、実は体調不良時にも役立つんですよね。

ただ、体調不良の時に無理して飲むようなものではないので、飲めそうなら飲むというスタンスが良いと思います。

 

 

身体の柔軟性や体重についてはどんなに変わりありませんでしたが、確実に筋力や筋持久力などは衰えていますね。

まだ、ちゃんとしたトレーニングをしていないので、分かりませんが・・・。

こんなにトレーニングをしなかったのは、いつぶりだろうか?

これほどトレーニングをしなかったのは、本当に記憶がないですね。

これだけ感染対策しているのに新型コロナウイルスに感染すると思っていなかったので、本当に誤算でしたね。

本格的なトレーニングを今の身体で消化できるかどうかがちょっと不安ですね。

せっかくあんなに頑張っていたのになぁというのが本心です。

でも、ちょっと気を張ってトレーニングを継続していたので、良い休みをもらったと思って、プラスに考えるしかないですよね。

 

 

まだ身体の調子自体は万全ではないので、今週は身体を慣らす感じにして、来週から本格的にトレーニングを始めようと思っています。

ストレッチを中心に、筋膜リリースや肩甲骨トレーニングやチューブトレーニングをやったり、四股踏みや縄跳びができれば良いのかなと思っています。

ちょっとモチベーションも下がってしまったので、色んな意味でリセットされた時間にできれば良いかなと思いますね。

来月の下旬には草野球のシーズンになってくると思いますので、フィジカル的にもメンタル的にも上げていけるようにやっていきたいですね。

 

 

   

コメントを残す