日本シリーズ第5戦はオリックスが勝利しました!

 

昨日は日本シリーズ第5戦が行われましたね。

 

これまでの4戦も非常に良い試合をしていて、見ていて面白いですよね。

 

東京ヤクルトスワローズは日本一に王手をかけた状態で、オリックス・バファローズは何とか勝って、本拠地に戻りたいという形でしたね。

 

 

ちなみに第1戦目と第2戦目と第3戦目と第4戦目の振り返りをブログでも書かせて頂きました。

 

日本シリーズ第1戦はオリックス・バファローズがサヨナラ勝ち!

 

日本シリーズ第2戦はヤクルトスワローズが勝利!

 

日本シリーズ第3戦はヤクルトがオリックスに勝利しました!

 

日本シリーズ第4戦はヤクルトが勝ち、日本一に王手!

 

そこで今回は日本シリーズ第5戦の試合を振り返ってみたいと思います。

 

 

 

 

昨日も相変わらず熱い試合でしたね。

 

第5戦目でしたが、エース級のピッチャーが先発ではありませんでしたが、どちらのチームも良いピッチングをしていましたね。

 

2番手のピッチャーからちょっとした乱打戦になりましたよね。

 

太田椋選手とスティーブン・モヤ選手で2得点を取った時点で2対5だったので、今日はオリックス・バファローズの勝ちかなと思いましたね。

 

 

ただ、これが今回の日本シリーズの特徴かもしれませんが、取ったら取り返すが続くんですよね

 

8回にタイラー・ヒギンス投手が出てきて、最初のバッターをフォアボール、次のバッターにもフォアボール。

 

あれ?3点差だけどこれはさすがにやばいよねと思いました。

 

全然ストライクが入らない状態で、山田哲人選手がバッターボックスに入りました。

 

調子があまり良くなかったので、まあ1つはアウト取れるだろうと思ったら、1球目ボール、2球目ボールになりました。

 

これは次の投球でストライクを取りくるところを狙っているなと素人でも分かりました。

 

 

自分でも同じ状況なら、打ちに行きますよね。

 

案の定、甘く入ったチェンジアップで狙い通りのホームランでした。

 

レフトスタンドの中段まで飛びましたね。

 

確実に狙った打ったホームランでしたね。

 

これで同点でしたが、試合の流れは完全に東京ヤクルトスワローズでしたね。

 

これは今日で日本一が決まるかなと思いましたね。

 

 

アダム・ジョーンズ選手のホームランで逆転

 

5対5で9回を迎えて、抑えのスコット・マクガフ投手が出てきました。

 

3戦目・4戦目はしっかりと抑えていたので、0点で抑えて、9回サヨナラかなと思いましたね。

 

オリックス・バファローズはアダム・ジョーンズ選手を代打で出しました。

 

1戦目も良いところでフォアボールをもらって、逆転の流れを作ったので、何とか出塁をしてくれと思いました。

 

 

ツーボールとなったところで、甘いストレートが来ました。

 

アダム・ジョーンズ選手が軽くバットを振ると、ボールはあっという間にレフトスタンドに飛んでいきました。

 

あの軽いスイングで、あの打球はヤベェと思いましたね。

 

 

その後の打者は凡退になりましたが、これで6対5という事になりました。

 

9回裏は今回の日本シリーズで初登板の平野佳寿投手です。

 

最初のバッターにフォアボールを出したので、これは東京ヤクルトスワローズにもまだまだチャンスがあるかなと思いましたが、その後はしっかりと抑えてゲームセットになりました。

 

 

マクガフ投手がジョーンズ選手に委縮した!?

 

スコット・マクガフ投手とアダム・ジョーンズ選手はメジャー時代に同じチームに所属していたみたいなんですね。

 

当時はアダム・ジョーンズ選手はメジャーリーグの超スーパースターで、スコット・マクガフ投手はその凄さを知っているので、萎縮してしまったのでは?というようなニュースもありましたね。

 

 

現在は全盛期の力は発揮できていないアダム・ジョーンズ選手ですが、ここ一番での結果の出し方はやっぱり元メジャーリーガーですよね。

 

スコット・マクガフ投手が委縮してしまったのも分からないではないですよね。

 

こうなると、スコット・マクガフ投手はアダム・ジョーンズ選手に対して苦手意識が芽生えてしまって、登板させにくくなってしまいましたよね。

 

なるべく早い回にアダム・ジョーンズ選手を出場させるようにしないとダメですよね。

 

 

 

山岡泰輔投手の復帰は結構デカい

 

昨日の試合はこれまで東京ヤクルトスワローズの勝ちを何とか拾ってきた中継ぎピッチャーが打たれてしまいましたよね。

 

石山泰稚投手は安定感抜群でしたが、昨日は打たれてしまいましたね。

 

3連投という事もあったと思いますが、オリックス・バファローズは意地を見せましたね。

 

オリックス・バファローズも中継ぎ陣は打たれてしまいましたが、山岡泰輔投手が怪我から復帰して登板していましたね。

 

山本由伸投手と2枚看板である山岡泰輔投手の復帰は結構デカいのかなと思います。

 

 

不安定な中継ぎ陣に山岡泰輔投手が入れば、かなり安定感が増しますし、昨日もしっかりと抑えていましたよね。

 

東京ヤクルトスワローズとしては、負けはしましたが、山田哲人選手のホームランはチームとしては大きかったですよね。

 

日本シリーズは調子が上がっていませんでしたが、本当に良いところで打ってくれたと思います。

 

山田哲人選手の復活は日本一への好材料と言えるのではないでしょうか。

 

 

オリックス・バファローズの方が有利かも

 

東京ヤクルトスワローズとしては、昨日で日本一を決めたかったですよね。

 

第6戦になると、オリックス・バファローズの大エースである山本由伸投手が登板します。

 

昨日の中嶋聡監督へのヒーローインタビューでも山本由伸投手の登板を宣言していましたよね。

 

 

残るピッチャーの駒を見ると、オリックス・バファローズの方が上回っているような気がします。

 

東京ヤクルトスワローズは、多分奥川恭伸投手の登板が無いと思います。

 

高橋奎二投手という事であれば、1日分山本由伸投手の方がコンディション作りに専念できたと思いますので、やはり有利だと思います。

 

さらに下記の事がありますので、断然オリックス・バファローズが有利になりますよね。

 

  • 宮城大弥投手も7戦目に投げれる
  • 田嶋大樹投手もリリーフで待機できる
  • 山岡泰輔投手もリリーフで大丈夫そう

 

本拠地での試合もできますし、指名打者もありますので、いつもの戦い方もできると思います。

 

 

是非第7戦まで行って欲しい

 

今回の日本シリーズは非常に面白いので、第7戦まで行って欲しい気もします。

 

東京ヤクルトスワローズ3勝、オリックス・バファローズ2勝ですが、投手の駒の数や本拠地での試合やシリーズの流れ的にもオリックス・バファローズが若干有利な気がします。

 

6戦目はオリックス・バファローズに勝ってもらって、7戦目は両チーム総力戦みたいな感じになって欲しいなと思います。

 

 

両チームの選手の皆さん、もう少し野球ファンを楽しませて下さい。

 

ちなみにイメージ画像は野生のオリックスです。

 

 

 

 

ビヨンドマックスレガシーが気になっている方へ

ビヨンドマックスレガシーを使ってみての感想
実際にビヨンドマックスレガシーを使ってみての感想をブログで書いております。もし、ビヨンドマックスレガシーの購入を検討しているという方は参考にしてみて下さい。

コメントは受け付けていません。