大谷翔平選手がシルバースラッガー賞を受賞しました!

 

 

今日も大谷翔平選手の話題で申し訳ないのですが、シルバースラッガー賞を獲得した事を書かないわけにはいきません。

最近では賞を受賞する度にニュースになるので、やはり凄いですよね。

日本人の受賞は2009年のイチローさん以来2人目という事だそうです。

ていうか、イチローさんは2001年と2007年にもシルバースラッガー賞を獲得しているんですね。

それはそれで凄いですよね。

大谷選手を活躍がニュースになると、だいたい史上初かイチロー選手以来かベーブルース以来とかが多いですよね。

前人未到の記録を叩き出すと、次から次へとレジェンドの名前が出てくるので、凄いとしか言いようがありません。

そう考えると、イチローさんも物凄い選手だったという事を再認識しますよね。

 



 

シルバースラッガー賞というのは何なのかというと、各ポジションで最も優れた打者に贈られる賞との事です。

メジャーリーグ各球団の監督やコーチの投票によって決定するとの事なので、選手間投票でもMVPで監督やコーチの中でもシルバースラッガー賞を獲得したという事で、グラウンド内にいるあらゆる人達に認められたという事になりますよね。

しかも、指名打者部門での受賞は日本人で初めてという事で、凄いですよね。

メジャーの指名打者って、バカみたいに打つ選手ばかりというイメージなので、その中での受賞というのは、非常に価値がありますよね。

ポジションによっては、ライバルの少ないポジションもあると思います。

例えば、キャッチャーやセカンドやショートなどは守備が上手いのが優先されるチームもあると思いますが、指名打者はどのチームも絶対に打つ選手しかいないので、そのライバルが多い指名打者での受賞は凄いとしか言えませんよね。

個人タイトルは獲れなかったですが、シーズン後半の敬遠ばっかりの打席というのは、逆に「大谷翔平選手に勝負しても打ち取れない」という事も証明であり、敬遠攻めによってさらに大谷翔平選手の凄みが増したのかもしれませんね。

敬遠攻めが無ければ、確実にホームラン王は取れていましたもんね。

忘れていけないのが、大谷選手はピッチャーという事ですよね。

ピッチャーがシルバースラッガー賞を獲得するなんて、正直何が何だかもうよく分からないですよね。

 

 

この賞は二刀流としての大谷選手というわけではなく、指名打者として出場している大谷選手が受賞したものなので、純粋な打撃成績が評価されたという事ですもんね。

ニュースでアナウンサーが話している時に出ている映像は、大谷選手が打った後に確信歩きしていたり、レフトに弾丸ライナーを打っていたりなどでした。

あの映像を見ると、今シーズン大谷選手がホームランを打つたびにニュースになって、その度に興奮している記憶が蘇ってきますよね。

このシルバースラッガー賞を含めると、今シーズン獲得した賞は7つになるそうです。

選手間投票で選ぶ「年間最優秀選手」と「アメリカン・リーグ最優秀野手」をダブルで受賞したり、専門誌『ベースボール・アメリカ』の「年間最優秀選手」や専門誌『ベースボール・ダイジェスト』の「野手部門最優秀選手」を獲得したり、7年ぶりの選出になった「コミッショナー特別表彰」を受賞したり、老舗スポーツメディアサイト『スポーティング・ニュース』の「年間最優秀選手」も受賞していました。

これから受賞する賞もまだあるみたいです。

「オールMLBチーム」やメジャーリーグでの最高の栄誉である「ア・リーグMVP」もありますので、楽しみですよね。

 



 

来シーズンはこの成績よりももっと凄い成績を出すみたいな事も本人は言っていますよね。

打撃成績については、今年と同じくらいでも十分凄い成績ですし、プラスアルファでピッチャーとして活躍する事があれば、もう本当にスーパースターとしか言いようがありません。

ピッチャーに関しては、後半戦のピッチングを見ると、来シーズンも期待大ですし、トミージョン手術による制限も無くなるみたいなので、どれくらいの成績が残るのかは本当に楽しみですよね。

バッティングの方も、打線のラインナップによっては今年よりも良い成績を可能性がありますし、そうなれば必然的にプレイオフ進出も夢ではなくなりますよね。

今年のような活躍がプレイオフでも見れるのであれば、野球好きとしてはたまらないですよね。

 

 

現在は日本に帰ってきているようですが、マスコミに追いかけられていないか心配ですよね。

これだけ活躍しても、来シーズンのために日々トレーニングを積んでいるんでしょうね。

大谷翔平選手本人は全く抜かりなく、日々努力をされるのだと思います。

地元に帰って、しっかり英気を養って、今シーズンの疲れも取りながら、トレーニングをして欲しいですね。

日本に帰ってきたら、帰ってきたで忙しいんでしょうね。

スポンサー絡みの仕事をこなしつつだと思いますが、大谷選手であれば、しっかりとトレーニングをしながらやってくれると思います。

 

 

   

コメントを残す